検索

YKさんの体験記

20代女性、一人暮らし


2020年4月下旬のある日の夕方

怠さを感じて早目に就寝しました。

全てはここから始まりました。

翌朝、鼻口喉の乾燥・下痢・微熱(37.0~37.6)が始まりました。コロナは肺炎・高熱・立ち上がれない程の倦怠感とテレビで言っている頃でした。そんな症状もない、自粛生活の疲れかな、そんな風に思っていました。


4日経過しても軽快しないため、保健所と内科へ電話連絡。保健所と内科をたらいまわしにされるもなんとか内科を受診しました。レントゲンと血液検査の結果は異常なし。総合感冒と抗生剤、胃薬、整腸剤の処方でした。いつもは風邪を引いても二三日で回復するのに、何かおかしい。

徐々に倦怠感も出て来たこともあって、万が一に備えて遺書と遺書動画の撮影、お金や身辺関係をまとめて玄関を開けたらすぐにわかる場所に置きました。


そこから2週間、何度か内科に行くも回復しないため発熱外来の紹介受診。

PCR検査は陰性でした。

この頃、ミッツマングローブさんが微熱で自主隔離をされていました。私も一か月もあれば回復するだろうと思っていたのを覚えています。

けれども私の体調はよくなるどころか悪化していきます。また体調の悪化に伴ってメンタルも急降下しました。


発症から一か月経った頃は、再感染するのではないかという恐怖から外出出来ず、ネットスーパーのみの利用、食事はレンチンご飯にインスタント味噌汁と豆腐か納豆、食事をほとんど取れず、不眠なのに寝たきりの生活をしていました。

そんな中LINEのオープンチャットを知り参加しました。渋っていたメンタルクリニックに行く後押しをして貰い、飲むのが怖かった薬も飲みます。

メンタル面は劇的に回復していきました。


以降この五か月で起こった症状です。

嗅覚障害、味覚障害、下痢便秘の繰り返(大腸検査は異常なし)、体の火照り、手足の火照り、

手のひらの火照り、眩暈・ふらつき、肘から先の痺れ、胸痛、関節痛、赤いアザ、黄色いアザ、

足のつま先・踵のしもやけのような冷え、首裏・耳後ろ辺りからの頭痛、顔体の発疹、寝汗、

激しい発汗、喉痛、口内炎、悪寒、ゾワゾワ感、息切れ、喉の締め付け感と様々な症状が出ました。

一週間でなくなる症状もあれば、5か月経っても続いている症状もあります。

また、治ったと思っても出てくる症状もあります。


五か月経った現在は病み上がりのような体調で毎日を過ごしています。

後遺症について認知が広がり、解明されて、同じように悩む方がいなくなることを心から願っています。

369回の閲覧

最新記事

すべて表示