検索

PICO的考察 #022 そろそろ9ヶ月

こんにちは。だんだん寒くなって来ましたね。

暑い時は辛かったマスクが辛く無くなってきました。


初めて発熱してからもうすぐ9ヶ月。

3歩進んで2歩退がりながら、いくらか良くなっている様な、いない様な(笑)

相変わらずな体調が続いています。


Twitterでは、重症・中等症の患者が増えてきていて、次の波が来ているような気がすると呟く医師も・・・

そこに「PCR検査は行っているんですか?ほかの菌にも反応して陽性になることはお医者様でも知らないようですね」という言葉に思わず笑ってしまいましたが(笑)


医師は「重症・中等症が増えている」と呟かれ、「感染者が増えている」とは言っていないんですよね。少なくとも、陽性の中でも症状が重く治療が必要な人が増えているとお話しされているわけで。

PCRは診断に使いますが、無症状の方を隔離しようとか言う話ではないんですよね。

視点がずれていて笑ってしまいました。

マスク反対の方のようです。

重症なのであれば都内なら挿管されています。

その患者さんに対し、この突っ込んだ方は何が言いたいのだろう?

死にそうだけどコロナでないと?

たまたまPCRで別の菌が拾えたから違う病気を疑えと?


全てをコロナに繋げようとする方、全てを否定しようとする方、もうどっちもどっちになってきていると感じます。

そんな私は、どちらでもありません。


自分に対しては「コロナだったかもしれないな」とは思います。

今となっては証明するすべはありません。

でも、類似症状で受診される方が増えていることは事実です。

今は診断根拠がまだ多く存在せず、明らかになっていないことが多すぎて病院でもやたらな事は言えません。

だからと言って否定もしません。

実際、辛い事は確かだから。


事実は患者さんの身体症状。

検査ばかりではない、違ったことも見ていく必要があると感じます。


マスク否定派の方は何を言いたかったのか?

誰もわからない、現在も研究真っ最中の病気に対し、何をそんなに否定したいのでしょう?


マスクは相手への気遣い


個人的にはそう考えています。

「私は嫌いだからしたくない」それはそれで個人の意見ではありますが、身勝手だな・・・とも思います。

自粛を強いられ、自分が院内に持ち込まないように気を使いながら多くの病院職員は通勤しています。電車や公共施設は自分だけではありません。

インフルエンザや麻疹・風疹でも院内は隔離で大変なのに、コロナが出たらどうなるか・・・とそれぞれ考えています。

今は社会が我慢の時なのではないかと。

「経済を回さないと社会が死ぬ」そう考えるのであれば、マスクくらいの我慢はするべきなのでは?


飛沫が格段に減ることは証明されています。

完全ではなくても、飛沫が減ることで少しでも感染を減らし、相手にも安心を与えるのではないかと思います。

※マスクで完全な予防にはなりません。あくまでも自分の出す飛沫を減らすことがで切るだけです。



written by PICO

ご意見ご感想はフォーラム

116回の閲覧

最新記事

すべて表示